読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めっちゃええやん

ジャンルを問わず好き勝手に書いていくブログです

ポケモンGOの特番を観た。 想いを形にするのは難しい

雑記



フジテレビ ポケモンGOが変えた世界

を観た。
僕はてっきりただ単純にIngressからの派生として、
「Ingressのポケモン版」としてポケモンGOがリリースされたのだと思っていた。

きっかけは2014年のエイプリルフール、グーグルマップにポケモンが現れたことらしい。
今思えば「ああ、あったなあ。 ツイッターで話題になってた。」なんて感じだけど、
それはGoogleの一人の社員が「グーグルマップにポケモンが出たらみんなビックリするだろうなと思って」実現したことだと言う。

端折るけどその企画が膨らんでポケモンGOになった。


この番組を観て、前述したGoogleの一人の社員・・現在はNianticポケモンGO開発チームの野村達雄さんをスゴいと思った。
もちろん、野村さんだけがスゴいわけじゃない。 ポケモンGOのスゴさを語るには僕の知識から出てくるコトバだけじゃ説明しようがない。

でも、「グーグルマップにポケモンが出たらみんなビックリするだろうな」
という想いを、形にしてしまった野村さんはマジリスペクトである。
ポケモンで言えば街が消滅してもジムを守り続けたカツラさんぐらいリスペクトしてる。

そんなことを真面目に考えさせられた番組で、
ブロガーってたぶん仕事中とか通勤途中とかお風呂に入ってるときとかに
「めっちゃ面白いこと思いついた!!」っていうテンションでどっかにメモしたりして、
実際パソコンと向き合って形にしようとしたらクッソつまらない物になって結局世に出さないってこと多々あると思うんですよ。

ちなみにクッソつまらないなと思いながらワンチャンあるしええかと恥を捨てて投稿されたのが

デビットカードでデビットさんを接待してみた - めっちゃええやん

なんですけど、それは一つ反面教師として置いときますね。

ああ、デビットさんのせいで話が逸れた。
この「想いを形にする力」ってなんなのかな。
センス? 努力? 環境? ぜんぶ?

僕にはちょっと、遠すぎる世界だった。
こういう人たちがたくさん居て、世の中は便利になっていくんだろうなと思った。

この記事は、そんな想いを文章にしてみたものです。
別にスーパークリエイターになりたいわけじゃないです。
ただただ、羨ましいと思いました。 スゴいと思いました。

野村さん、僕はいまレベル27です。



ベトベターが出ません。



ほな。