甲子園で起きた大阪桐蔭と仙台育英の選手による接触プレーについて

www.youtube.com


この接触プレーが仙台育英選手の故意であるか否か、ネットで炎上している。

常識的に考えれば全国放送されていて、大観衆の前で故意に足を蹴るなんてことはないだろうし(そもそもメリットがない)

自分が大怪我をしてしまう可能性の高い危険な接触であるのは動画を見ても明らか。

本人も試合後の取材で「故意ではない」と言っているが、納得のいかない方々がたくさんいるようだ。

プレーの詳細

上記の動画を見ていただければ分かるように、場面は0-0で迎えた7回裏、仙台育英の攻撃。

2アウト、1ボール2ストライクと追い込まれた状況で外角の変化球にバッターはタイミングを外される。

カット(ファールを打ちに行くこと)しようとしたバッターはバットを投げ出してなんとか当てたものの、フェアゾーンに転がってしまう。

左バッターであること、ボテボテのゴロだったこと、飛んだコースが二塁ベース近くだったことで、

内野安打もあり得る打球ではあったが、大阪桐蔭のショートが軽快な動きで一塁へ送球。アウトがコールされる。

  • 内野安打もあり得る打球で、全力疾走していたこと
  • 大阪桐蔭のファーストはベース角に触れるのではなくベース上を踏んでいたが、一般的にあり得ないことではない
  • 仙台育英の打者が右足でベースを踏んでいるが、これも一般的にあり得ないことではない

詳しく説明することは省きますが、プロ野球を見る機会があればファーストの動き、打者走者の足に注目をしてほしい。

確かに多くはないが、ベース上を踏んだり右足で駆け抜けることはプロでもあるということが分かるはずです。

「守備妨害だろ!」と言ってる人もいますが、そもそもルールや状況自体わかっていないようなので全無視しましょう。

(繰り返しますが場面は2アウトで、打者はアウトになっています。)

なぜここまで叩かれているのか

試合は仙台育英の逆転サヨナラ勝利で幕を閉じた。

そのサヨナラ劇の前、以下のようなプレーがあったのが大きな要因だと思われる。
https://www.youtube.com/watch?v=cuECCSeS4ukwww.youtube.com

このプレーについて「接触プレーによる恐怖心があり、ベースから離れて送球を待ってしまった」という外野の声があるものの、

これは大阪桐蔭の選手が試合後のインタビューで「ベースを見ていなくて、踏み損なった」と語っており、事実とは異なります。

言い訳することもできる中で、自分からしっかりと「ミスをした」と認める大阪桐蔭の選手は素晴らしいですね。

大阪桐蔭高校は今年の優勝候補筆頭で、強豪校でありファンも多いことはよく知られているでしょう。

関係者ではなく外野(しかもネット)ではありますが、「負けた言い訳」がほしいということと、

下記のようなサイトによる「面白半分」で叩かれているのではないでしょうか。

悪質なサイトによる悪質な選手叩き

リンクを貼ることはしませんが、いわゆるまとめサイトでは「殺人野球」「蹴り」などの言葉が並びます。

控えめに言ってクソだと思いますが、こういった見出しが人を寄せ付けるのは事実です。

こういったサイトが「反応のまとめ元」としているのが2ちゃんねるですが、

2ちゃんねるの「実況スレ」などでは吐き気を催すほどゲスい書き込みが目立ちますので、見ることはおすすめしません。

仙台育英選手のTwitterなどは当然のように晒されたようですし(現在は削除済)、超えちゃいけないラインが分からない人たちのようです。

残念なこと

このプレーに対するネットの反応(前述の2ちゃんねるやまとめサイトを除く、一般的な)について。

予想以上に「これが故意じゃないならなんなんだ」「俺は野球をやっていたから分かるが、故意」という反応が多いことです。

私の見解は冒頭の通り、「故意でやるわけないだろ常識的に考えて…」というものなんですが、

負けた大阪桐蔭の選手も、叩かれている仙台育英の選手も辛さしか残らないプレーでした。

はてなブックマークやTwitterなどで非常識な人間が分かる良いフィルタリングになりましたね。


ちなみに私は大阪桐蔭を応援していたし、野球経験もあるということを明記しておきます。