iPhone8はiPhone7のケースをそのまま使えるか?サイズを比較して検証してみる

先日発表された「iPhone X」そして、「iPhone 8」及び「iPhone8 Plus」ですが、iPhoneXは革新的なデザインで賛否が別れています。

そんな中、無難な正統進化を経たiPhone8の購入を考えている方も多いのではないでしょうか?

現在iPhone7を使用されている方なら気になるのが「今のケースをそのまま使えるか」ですよね?

Appleからのアナウンスはありませんが、Apple純正のケースに関してはiPhone8/7両対応と記載されています。このことから、カメラの位置などには全く変化が無いことが分かります。

では、その他のケースはどうでしょうか? 私が調べたところ「そのまま使える!」という結論に至りました。

iPhone8とiPhone7の大きさを比較する

iPhone7 iPhone8 差異
高さ 138.3mm 138.4mm +0.1mm
67.1mm 67.3mm +0.2mm
厚み 7.1mm 7.3mm +0.2mm
重量 138g 148g +10g
iPhone7 Plus iPhone8 Plus 差異
高さ 158.2mm 158.4mm +0.2mm
77.9mm 78.1mm +0.2mm
厚み 7.3mm 7.5mm +0.2mm
重量 188g 202g +14g

このように、iPhone8とiPhone7の大きさにはほとんど差がありません。

でも、カタログ上は微妙に大きくなっていることが分かります。心配になりますが、ご安心ください!

過去の例(iPhone6→6s)と比較してみる

iPhone6とiPhone6sはiPhone7/8と同様に発売時期が1年違いますが、カメラ位置などの形は同じで、ケースも全く同じ物を使用できます。

そこで、iPhone6とiPhone6sの大きさには差があったのか、検証してみます。

iPhone6 iPhone6s 差異
高さ 138.1mm 138.4mm +0.3mm
67.0mm 67.1mm +0.1mm
厚み 6.9mm 7.1mm +0.2mm
iPhone6 Plus iPhone6s Plus 差異
高さ 158.1mm 158.2mm +0.1mm
77.8mm 77.9mm +0.1mm
厚み 7.1mm 7.3mm +0.2mm

このように、iPhone6とiPhone6sにも多少の差異はみられます。

このことから、iPhone8はiPhone7のケースをそのまま使えると見て良いでしょう!

iPhone8は「iPhone7s」だった?

今回、iPhoneXが発表されたことによって一つずつ数値を上げていた「ナンバリング」に変化が起きました。

事前予想では今回のiPhoneXが「iPhone8」、今回のiPhone8が「iPhone7s」と予想する専門家も多くいました。

iPhone8は正統派モデルとして人気になりそうですね!